当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2017年2月22日水曜日

IBM Connect Hackathonの結果発表!

皆さん、こんにちは。

サンフランシスコに滞在中の御代です。
本日もIBM Connect2017の情報をお届けします。
と言っても、執筆中の今現在、時刻は2/22の1:10です。あと、7時間もすれば、次のセッションが開始されるという過酷な状況に置かれていますので、簡単に済ませようと思いますので、ご了承ください。


まず、何度も書いているように実は本日(2/21)が初日でした。
初日と言えば、Opening General Session、通称OGSがある日です。
今年はBusiness Partner Dayがなく、同日に開催されています。

スケジュールとしては、
8:00 - 9:30 Business Partner OGS
10:00 - 11:15 OGS 第1部
13:00 - 14:15 OGS 第2部
という変則的なものでした。

Business Partner OGSは文字通りビジネスパートナー及びIBM社員だけが参加できるセッションで、エンドユーザ様は別のジャンプスタートのセッションに参加していただくことになっています(ビジネスパートナーでも参加は強制ではないんですけどね)。

今回もアワードの紹介がありました。
日本からはコムチュアさまが表彰されていました。おめでとうございます。
壇上でトロフィーを受けとっていただくのですが、進行をスムーズにするために、トロフィーは使いまわしでした(笑)
 →あとで、ちゃんと受け取ったと思います(知りませんが)。
なので、どんなふうにトロフィーを受け取ればいいのかはわかっていたはずです(写真撮影があったので)。
ですが・・・
やってしまいました。何が起きたのかはご本人の名誉のために伏せますが、会場からは大きな笑いが起こっていました。


そして、OGSです。
内容についてはIBMGOに動画が出ていますので、そちらで直接確認してください。

なお、今年もIBM Championsがスクリーンにでかでかと紹介されていました。
IBM Championがスクリーンに紹介されています

オーランドのときと違う点としては、中央がステージで、その両脇に大きなスクリーンが用意されているところです。
スクリーンを見ていると、ステージで何が起きたのかを見落とすことがあったり、ステージを見ているとデモや製品紹介の画面が小さくて、何が書いてあるのかわかりにくい!というところが難点でした。
そういった意味でも、動画を見てもらった方が確実という訳です。



OGSの第二部も同様です。動画を見てください。
ただ、特筆すべきは、昨日のブログで予告したようにIBM Connect 2017 Hackathonの結果発表があったことです。
さらっと流されましたが、われわれJapanチームは強豪相手をものともせず、第2位にランクインしました!\(^o^)/

実は、ハッカソンの終わりにその場で表彰されていたのですが、OGSで発表するからいうなよ!と口止めされていたのです。
へへへ。すごいですよね!
ちなみに、そのハッカソンのダイジェスト動画がYoutubeにアップされていましたので、シェアしておきます。4分程度の動画なのでぜひご覧ください。




そして、すでに何名かのチャンピオンがSNSで発表していましたが、第1位から第3位までは賞金がでていました(OpenNTFからの賞金です)。

我々は第2位ということで、500ドルが手渡しされました(笑)
封筒に入っているのではなく、はだかで渡されました!アメリカ、すげー!!!
動画にはその時の様子もばっちり映っています!


まぁ、もともと優勝を目指していったので、2位はちょっと残念(どうやら、1位とは1票差だったらしい)ですが、世界中のIBM Championといった猛者を相手に第2位は十分な結果ではないでしょうか?


さて、そのあとは、IBM Watson Workspaceのロードマップ及びIBM Watson Work ServiceのAPIの基礎技術であるGraphQLのセッションに参加してきました。

当ブログでも、つい先日までこのことについて記事を書いていたので、私としてはタイミングが良かったです。
こちらは、ロードマップだけ紹介しておきます。
IBM Watson Workspaceのロードマップ

このうち、画面左側の部分のいくつかはすでにアップデートされているようですので、アカウントを持っている方は確認してみてはいかがでしょうか。

GraphQLについては、ヘルプでよくわからなかった部分のデモがあったので、より理解が深まりました。
こちらについてはIBM Watson Workspaceの関連記事として後日まとめたうえでしっかりとご紹介します。


ということで、2日目に備えて寝ようと思います。


-----2017年2月22日1:59分追記-----

そうそう。もう一つ事件がありました。
遅れてチームスタジオの加藤さまも現地に来られました。
やっぱりこの方が来られると我々IBM Championも気が引き締まります!
加藤さまも私を含めたIBM Championsと同じホテルに宿泊しています。
このホテルは料金にかかわらず、部屋の格差があることは初日の記事にて報告いたしました。
さて、加藤さまの部屋はどうだったのでしょうか・・・
結果の表を更新しましたのでご覧ください。
負け組が一人増えた(笑)

なんと、加藤さまは私の部屋の上の部屋に泊まることになったのです。
すなわち、部屋のつくりはほぼ一緒。
ということで色々と残念なことになりました。

今年は加藤さまからの報告記事もあまり期待しないようにしてあげましょう・・・



それでは今日はこの辺で・・・



0 件のコメント: