当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

Translate

2013年2月1日金曜日

最終日唯一の収穫は...

おはようございます。筆者です。この筆者と言う言い方もいい加減止めようかな?と思っていますが、シリーズで書いているので、終わるまではこのままお付き合いください。
長かったIBM Connect 2013 もついに最終日を迎えました。この記事を書いている頃(筆者はタブレットで直接入力してます)、クロージングセッションが行われていますが、それには参加していません。理由はお察しの通りなので、あえて書きません。
と言うことで、今日のセッションの話です。
午前中は、Connect +1 という事前登録が必要なセッションに参加していました。
vice President のSandyが色々と話していましたが、翻訳こんにゃくを持っていない筆者には全く通じませんでした。
周りの雰囲気とスライドの内容から何やら各国のIBM を表彰してるっぽいことはわかりました。
日本IBM も売上?(どうやら、今回のイベントの参加人数の伸び率だった模様)がすごく上がったよ!みたいな感じで盛り上がってました。(具体的な数値が出ていましたが、社外の人間である筆者が公開するのは問題だと思うので控えます)
その後も、世界の各地域ごとに、どのようなお客様に導入して成功したんだよ(多分ですよ、本当に)、ということで、担当チームが表彰されてました。
この後、ちょっとしたトラブルが続きました。
まず、PC の画面を写すスクリーンが黄色と言うか青っぽくなってしまい、スクリーンの文字が大変見辛くなりました。
おそらく、ケーブルの接触不良だと思うのですが、なんどかさし直してもダメだったところを見うると、ピンを折ってしまったかもしれません。
筆者は、前の方に座っていたのにも関わらず、見えづらかったので、後部座席の方はまるっきりわからなかったのではないでしょうか?
それでも、スピーカーの話していることがわかれば、十分ついていける(はず)なので、筆者を除くほとんどの方は影響がなかったでしょう。
続いて、マイクのトラブルです。ピンマイクの音声が突然入りにくくなって、仕方がなくハンドマイクに切り替えるという場面が見られました。
マイクも一週間働かされて疲れたのでしょう(笑)。こちらも慣れてからは自然に振る舞えたので、事なきを得たというところでしょう。
そして最後のトラブルです。もう、筆者が限界でした。話していることがわからず、スライドも見えない。どうしろと?
あげくの果てに、ユースケースということで、商談開始からクロージングまでをシーン毎に分けてミニコントを見せられると言う、営業経験がない筆者には拷問のような時間でした。
(IBM の皆様、ホントすみません。英語が理解できない筆者が悪いのであって、完成度の低いコントが悪いわけではありません)
しかし、途中のコーヒーブレイクの後、戻ってこない人が何人もいたという事実は忘れないでください!
そして、最後の昼食。いつものようにドルフィンテントで食べていました(最後はターキーセットとビーフセットということで、箱に入っていて好きな方を食べてね、というものでした)。
午後からはkenexa の説明があると言うことで、頑張って出席しようかとも考えたのですが、心がおれて、Ask the Developer というIBM の開発陣に直接質問をできると言うセッションへと逃げました。
しかし...
ここはアメリカ合衆国!英語から逃げられるわけはありませんでした。
当然、質問する方も回答する方も、みんな英語。結局、英語がわからないと???という状態です。
それでも、なんとか聞きつつ、自分も質問したいなぁと欲する筆者でした。
丁度、前日の夜、ブラウザプラグインって、フェールオーバー出来るのかなぁという話をしていたのを思い出して、聞いてみたいなと思いました。
翻訳ソフトを使って、英語にしたのですが、釈然とせず(自分で読んでもおかしい表現)、悩んでいたところ、隣に@katomanさんがいるのを思い出して、思わず質問をお願いしてしまいました。
開発陣への説明が思ったよりも難しかったらしく、周りの参加者のフォローもあり、なんとか答えてもらえました。
答えは「Yes!」と言うことで、ドミノクラスタを使っていれば、ブラウザプラグインでもフェールオーバーは働くようです。NRPC で通信しているから出来るのでしょうか。 @katoman さんには、今回のConnect の期間中、お世話になりっぱなしで、いつか恩返しをしないといけないですね。本当にありがとうございました。
きっと、来年は自分で質問すること!と言われそうなので、一応「はい!」と言っておきます。
と言うことで、後は日本からの参加者が集まって夕食をして、明日(現地時刻で2/1 )の朝早~くに出発します。
日本への帰国時刻はまだ知りません(笑)。
参加者全員が無事に帰れるように祈ってやってください。

さて、長々と続けた滞在記、いかがだったでしょうか。
大変そうだなぁと思われた方や、なんだ、随分といい加減なんだなぁなど、感想はそれぞれだと思います。
筆者が言えるのは、「百聞は一見にしかず」です。
ですので、次回の記事では、番外編として、来年参加しようと考えている人に向けて、予め用意しておいた方が良いものなどを筆者なりの観点でまとめようと思います。
なお、来年は1/26 からの開催だそうです。さぁ、一年を切りました。今から準備しましょう!
今日はこの辺で...

2 件のコメント:

Hiro-aki Komine さんのコメント...

お疲れ様でした。
大変だったけど、Lotus ラブの人たちに囲まれて、楽しかったと思います。
ぜひ来年も!

Guy Locke さんのコメント...

Komineさん、ありがとうございます。
来年もチャンピオンでいられたら、是非来たいと思います。