当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

Translate

2013年1月27日日曜日

IBM Connect 2013 に来てみたらこんなんだった

皆さん、こんばんは。2013 年の初ブログです。ギリギリ1月中に書けそうで良かったです。
さて、筆者は今、日本にはいません。そうです。米国フロリダ州はオーランドまで来ています。
目的は、もちろん観光
...じゃないですね、IBM Connect 2013 です!
今年はNotes の新バージョンであるIBM Notes9 が発売されるので、その情報を求めてきたという訳です。

IBM Connect 2013 がどういうイベントなのかについては、IBM Championの加藤さんのブログの
やってきました! LotusPhere Connect 2013に詳しく出ていますので、そちらを見てください。筆者が説明するよりもスッキリ爽快な説明になっています。
ちなみに、筆者も仕事で来ていることになってます。(税関で目的にビジネスじゃない。とチェックしたら、IBM のイベントでしょ?じゃぁ、ビジネスでしょ!と叱られました。あ、これは筆者以外にも多数の被害者?が出てました(笑))
筆者の趣味はNotes/Domino なので、ビジネスじゃなくても良いのに...
さて、とは言っても、今日(現地時間で1/26)は、移動とレジストレーション(イベントへの参加登録)だけでした。 でも、それじゃあ詰まらないので、1日の行動を振り返ってみましょう。
まずは、成田空港に集合です。9:30だったのですが、筆者は自家用車で8:15 頃に着きました。早いかな?と思いましたが、すでに何名かのみなさまが来ていました。さすが、IBM 社員の方々です!
航空会社の搭乗手続きは大変時間がかかりました。それもそのはず。今回、日本人でIBM Connect に参加される方々は約50名。筆者と一緒にいかれる方々だけでも、約40名でしたから。その他にもお客様はいますので、もうちょっと受付の人数を増やして欲しかったですね。
そのあと、壮行会という事で、IBM 社員含めての顔合わせがありました。搭乗手続きに時間がかかったため、名刺交換をする余裕がありませんでした。 参加者の方々で、このブログを読んでいただいた方、まだ名刺交換をしていなければ、是非お願いします。
この後もあまり時間がなく、さっさと飛行機に乗り...おおよそ、11 時間のフライトを経て、経由地のダラス国際空港に着きました。筆者がツイッターで「変なオブジェがある」と呟いたところですね。 ここで、税関手続きがあり、先程書いたビジネスだろ!事件が起きました(笑)
ここでは、少々時間があったのですが、筆者は疲れて動くことを拒否して、搭乗ゲート前でまっていました。 ところが、搭乗ゲートが変更になったということで、少々歩かされました。こんなことなら、もっとブラブラすれば良かった...
乗り換えの飛行機も2~3時間かかり、ようやくオーランドに到着!遠いです。
それでも、ここに来ることには大きな意味があります。直接、話が聞けると言うのは大変貴重な経験です。
筆者はほとんど英語がわかりません(昔は少しは分かったのですが...)。それでも、なんとかセッションの情報を伝えられたら嬉しいです。
明日(もう、今日か...)は、ビジネスパートナー向けのセッションがあります。 それも含めてお伝えできるように頑張ります。
どうぞ、この一週間、楽しみにしていたください。

0 件のコメント: