当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

Translate

2013年1月29日火曜日

え?今日が初日だったの?

日本の皆様、こんXXは。オーランドで呆けている筆者です。
オーランド滞在日記(笑)も今日で三日目です。しかし、なんとIBM Connect 2013 は、今日が初日だと言うことが判明しました。
たくさんのセッションを聞いていて、今日が初日と言うことを俄には信じられない筆者でした。
と言うことで、今日(現地時刻で、1/28)の朝8:00 から、OGS (Opening General Session のことです。筆者は3文字略語が大嫌いです)が始まりました。
最初は有名(らしい...筆者は音楽に疎いです)バンドが演奏してました。こんな朝早くから、しかもこんなに短いライブは、初めてだぜ!とおっしゃってました。それでも、一生懸命盛り上げてくれて楽しかったです。
そして、オープニング。偉い人(笑)がしゃべった後、俳優のxx 氏が(申し訳ない。筆者は洋画の「俳優」さんにも疎いです)、ソーシャルやコミュニティについて、熱く語ってくれました。
その後にも、色々な方々がそれぞれの言葉で語ってくれたり、デモを見せてくれましたが、筆者には「あぁ、まぁ、そうねー」位の感想しかありませんでした(読書感想文なら、再提出ですね)。
正直、サプライズ的な発表を待ち望んでいたので、がっかりなんですね。
とまぁ、こんな感じでオープニングゼネラルセッションが終わりました。
会場も冷めていたようで、終わったら、急に人がいなくなりました。
セッションを連続で聞くのは辛いと思ったので、チャンピオンの吉田氏と共にラボへ向かいました。
チキンな筆者は外人さんには目もくれず、日本人(IBMの方です)がいるところへ行って、しっかりと日本語で説明を聞いてきました。
WorkForce というものと、Notes Browser Plug-in について、聞いてきました。
この内容は2月のテクてくで話そうと思いますので、興味がある方は、2月のテクてくにお申し込みください!(Mさん、こんな感じで良いでしょうか?(笑))
その後、IBM Notes 9.0 のセッションを聞いたのですが、日本で聞かされていた話の焼き直しの感じで、ここでも「うーん?」な筆者でした。
そして三日目のトラブルが発生しました。筆者は疲れはてました。ということで、一時間ほど自室に戻って仮眠をとったのでした。それくらい、ハードなんだよ!遊びに行ってるんじゃないんだよ!というのが伝われば嬉しいです。
休憩をとったお陰で、次のセッションである「What's New in IBM Domino 9.0 Social Edition」は、よく理解できました(と、勝手に思っている筆者です)。
新機能の説明や、新しくサポートされた規格などの話がありました。サポートOS も一通り紹介されました。また、Pure System上ではどう動くのかのデモもありました。
デモと言えば、Exchange から、Domino へのマイグレーションツールのデモもありました。ただ、サポートバージョンがoutlook 2003 /2007 /express ってのが...そんなもの?
最後にDomino のロードマップも示されました。(書いてよいかわからないので、内容は伏せておきます。)
そうして、今日のセッションが終わりました。
この後、 IBM バイス•プレジデントのSandy が執筆した、本人の直筆サイン入り本のプレゼント大会?がありました。
日本では軽視され勝ちなIBM Champion ですが、さすがにSandy は、素晴らしい!と、言ってくれました(多分...)。
ちょっと嬉しい筆者でした。
夕飯はBP の皆様と一緒に食べて色々な話をしました。うるさくてすみませんでしたm(_ _)m
まだまだ、IBM Connect は始まったばかり。明日も楽しみます。
というところで、今日はこの辺で。おやすみなさい。

0 件のコメント: