当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2012年12月31日月曜日

IBM Notes 9.0 browser plug-inを動かしてみよう!(2)

某K氏から、年越しブログを書け!と無茶ぶりをされた筆者です。
ですが、筆者は毎年、年を越す瞬間は自宅はおろか、インターネットに接続できる場所にいません(スマホくらいはありますが・・・)。

ということで、年内か年明けのどちらに記事を書こうか悩みました。こんな悩みはブログ開設以来初めてですね。
年明けは寝正月をしたいので、今日(大晦日)という 日に記事を更新することにしました。

年越しにはなりませんが、許してやってください。

記事に入る前に、こちらのボタンをクリックしてください。
にほんブログ村 IT技術ブログへ


では、本題に入りましょう。

前回は、IBM Notes 9.0 クライアントに同梱されているbrowser plug-inを使ってみました。
しかし、ベータ版のプログラムページにはbrowser plug-inだけのインストーラもありました。
ということは、ノーツクライアントがなくてもbrowser plug-inは動作するということでしょう。

これは使わない手はありません。
ということで、インストールから起動までをまとめてみました。




1.プラグインのインストーラを実行します。
browser plug-inのインストーラ

2.セキュリティ警告が表示される場合、[はい]をクリックして続行します。
UACによるセキュリティ警告

3.インストールウィザードが表示されるので、[Next >]をクリックします。
インストールウィザード開始画面

4.ライセンス情報が表示されるので、使用条件を読んで、[I accept~]を選択して、[Next >]をクリックします。
ライセンス情報画面

5.インストール開始の確認ダイアログが表示されるので、[Next >]をクリックします。
インストール確認画面

6.インストールが行われます。
7.しばらくすると、インストール完了ダイアログが表示されるので、[Finish]をクリックします。
インストール完了画面

8.デスクトップにショートカットアイコンが作成されます。やはり、IBMブルーのアイコンです。
ショートカットアイコン

9.ちなみに、インストールフォルダは、「C:\Program Files (x86)\IBM\Notes」でした。
 ※筆者の開発用PCは64bitOSなので、(x86)フォルダにインストールされています。
IBM Notes Browser Plug-inのインストールフォルダ

10.ショートカットアイコンをダブルクリックする前に、ブラウザにプラグインをインストールするので、ブラウザを起動します。
 ※IBM Notes 9.0 ベータ版はIEとFirefoxに対応しています。
11.Firefoxを起動すると、アドオンのインストールをするかどうかのページが開くので、「このインストールを許可する」にチェックをつけて、[次へ]をクリックします。
Firefoxを起動すると、アドオンの選択画面が表示される

12.インストールが完了するので、[Firefoxを再起動]をクリックします。
アドオンのインストール完了画面

13.Firefoxが再起動するので、アドオンページを開いて見ます。
14.Notes Browser Plug-Inがインストールされているのがわかります。

Firefoxのアドオンページ

15.IEの場合も起動すると、アドオンのインストール画面になるので、プラグインをインストールします。
IE9でのアドオンインストール画面

IE9でのアドオンインストール完了画面

16.この状態で、「IBM Notes Browser Plug-in」のショートカットアイコンをダブルクリックします。
17.すると(デフォルト)ブラウザでIBM Notes Browser Plug-inの設定ダイアログが表示されるので、[Next >]をクリックします。
 ※筆者の場合、Firefoxをデフォルトブラウザにしてあります。
IBM Notes Browser Plug-in設定ウィザード

18.ユーザー名とサーバー名の入力ダイアログが表示されるので、それぞれ入力して[Next >]をクリックします。
ユーザー名とサーバー名の入力

19.ユーザーIDファイルの場所を選択するダイアログが表示されるので、ユーザーIDのパスを選択して、[Next >]をクリックします。
 ※ユーザーIDをデータディレクトリにコピーしてよいかと聞かれたら、[はい]をクリックします。
ユーザーIDの場所を選択

データディレクトリへのコピーの確認

20.ユーザーIDのパスワード入力ダイアログが表示されるので、パスワードを入力して[Log in]をクリックします。
 ※HTTPパスワードではなく、ノーツクライアントで使っていたユーザーIDのパスワードです。
ユーザーIDのパスワードを入力

21.設定が行われて、完了するとIBM Notes Plug-inのホーム画面が表示されます。
 ※画面右側に「Workspace」のリンクがあるのでクリックすると、ワークスペースが表示されます。
IBM Notes Browser Plug-inのホームページ

さて、ここでちょっとした種明かしです。
インストール途中でユーザーIDをデータディレクトリにコピーしましたが、どこにあるのでしょうか?
それは、
「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\IBM\Notes\Data」
です(Windows 7の場合)。
ディレクトリの中を見ると、「bookmark.nsf」や「names.nsf」、果ては「desktop8.ndk」や「notes.ini」まであります。
どうやら、簡易的なノーツクライアントをインストールしていたようです。
IBM Notes Browser Plug-inのデータディレクトリ

やはり、あのノーツクライアントをブラウザで動かすのはかなり大変なんでしょう。
もっとも、まだベータ版なので、製品版ではどのようになっているかはわかりません。
楽しみに待つことにしましょう。

それでは、今年2012年は本当にこれで終わりです。
皆様、良いお年を・・・

そして、来年(2013年)も何卒よろしくお願い申し上げます。




【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします!
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2012年12月26日水曜日

Notes 9.0 browser plug-inを動かしてみよう!

みなさん、こんばんは。すでに年末年始の休暇に入られた方もいるかと思いますが、筆者は金曜日まで仕事です。
そのため、ブログの記事も更新しなければなりません。

しかし、今回の記事が今年最後になるでしょう。今年は、ブログの更新のほうを先に終わらさせてください。


では、今年最後のボタンクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログへ



さて、今日も、IBM Notes 9.0の話題です。
前回は、IBM Notes 9.0をインストールして起動したところで終わってしまいました。

browser plug-inもインストールしたのに、何も触れずに終わってしまい、消化不良だったのではないでしょうか?

実際の起動方法やその見た目などを紹介しましょう。

まず、Notes browser plug-inは、Internet ExplorerとFirefoxにのみ対応しています(IBM Notes 9.0 ベータ版の場合)。
それ以外のブラウザでは動作しませんので、ご注意ください。

次に、起動方法ですが、これは簡単です。
いわゆるNotes URLと呼ばれるものをブラウザのアドレス欄に入力するだけです。

NotesURLとは、

notes://Dominoサーバ名/NotesDB名/ビューUNID/文書UNID
のように記述します。
ビューUNID以降は省略可能です(その場合、Notes DBが開きます)。

下図は、サーバ上にあるカタログDBを開いた画面です(ブラウザは、IEを使用)。
Notes Browser plug-inの画面

IBM Notes 9.0 ベータ版がインストールされているのでワークスペースも表示できます。
ブラウザのアドレス欄に
notes:workspace
と入力します。
下図がそれです。
Notes browser plug-inのワークスペース

見事にワークスペースが表示されました。
従来のノーツDBも普通に開きました。ちなみにXPagesアプリケーションは開きませんでした。
そもそもブラウザ対応しているので、NotesURLではなく、http://~で開けば良いということでしょうか。

IBM Domino Server側では、特に設定は不要です。httpタスクが起動している必要もありませんでした。

クライアント(Webブラウザ)では、ノーツIDは必要になります(実際に、ノーツDBを開くときにノーツIDのパスワード入力画面になります)が、それだけで、ノーツが使えるのは嬉しいですね。
どうしても、XPages化できないような古いノーツDB(昔のバージョンのパッケージアプリなど)は、これで開けば十分ではないでしょうか。

IBM Notes 9.0 ベータ版をインストールした方は、ぜひこちらも使ってみてください。

XPagesとは違った魅力が見つかるかもしれません。




ちょっと中途半端ですが、今年はこれで終わりにします。
来年も、IBM Notes/Dominoの情報をたくさんお届けできるようにしますので、楽しみにしていてください。



また、Notes/Dominoの活用方法について、困っていることがあれば、筆者の会社までご相談ください。

有償にはなりますが、親身になって対応させていただきます。


それでは、良いお年を・・・

【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】


単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします!

Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2012年12月24日月曜日

IBM Notes 9.0 ベータ版をインストールしてみました

こんばんは。一週間ぶりです。

この間、何もしていなかったわけではありません。
筆者も参加している「XPages Extension Library Japan Project」ですが、地道に活動を続けていました。何しろ、メンバーのみなさん、自分の仕事を抱えつつの参加ということで、思うように進んでいなかったのですが、何とか年内に一定の成果を出したい!ということで、(ほかのメンバーの方々が)頑張りました!
日本IBMの小峯さんがブログで紹介していただいていますが、Extension Libraryに入っているサンプルアプリケーションを翻訳しました。画面に表示されている英語項目を日本語にしただけと言ってしまえば、そうなのですが、それでも日本の技術者の皆様にしたら、日本語でサンプルアプリケーションが動作するのは、嬉しいことではないでしょうか?
是非、ダウンロードして使ってみてください。そして、XPagesアプリケーションの素晴らしさを体験してみてください。
XPages Extension Library Japan Projectは、今後も活動を続けていきますので、応援よろしくお願いします。


と、メンバーに課せられた宣伝はここまで。

ここからは、いつものように、筆者のブログ記事です。
その前に、
筆者にクリスマスプレゼントをください。いつものようにボタンをクリックするだけで良いんです。
参加しているブログランキングのページが表示されるだけです。何も悪いことは起きません。
なので、よろしくお願いしますね。
にほんブログ村 IT技術ブログへ


さて・・・
先週、Domino Server 9.0 ベータ版をインストールしてから、色々あって、やっとNotes 9.0 ベータ版をインストールすることができました。

ということで、今回は今さらですが、IBM Notes Client 9.0 ベータ版のインストール方法について、確認していきましょう。



【前提条件】
  1. IBM Notes/Domino 9.0 Social Edition Beta ProgramのサイトからNotes 9.0 Social Edition のインストーラをダウンロードしてあるものとします。筆者は、開発も行うのでDomino Designer/Administrator のインストーラを使用します。
  2. OSは、「Windows 7 Ultimate 32bit版」にインストール
  3. 新規インストールとする(筆者の環境上、こうなりました)
  4. インストールするのは、IBM Notes Client 9.0 Social Edition Beta版(Domino Designer/Administratorあり)

【手順】
notes90se_designadmin_windows_public_beta_prod.exeを実行します。



IBM Notes 9.0のインストールファイル

セキュリティの警告が聞かれることがあるので、[はい]をクリックします。
実行ファイルのセキュリティ警告

展開先のフォルダ名を聞かれるので、[Next >]をクリックします。
一時ファイルの展開場所の選択

しばらくすると、インストールウィザードが表示されるので、[次へ(N) >]をクリックします。



インストーラ初期画面

ソフトウェア・ライセンス情報が表示されるので、使用条件をよく読んでから、[使用条件の条項に同意します。]を選択して、[次へ(N) >]をクリックします。
ライセンス情報画面

インストールフォルダの選択画面になるので、インストールしたいフォルダを選択して、[次へ(N) >]をクリックします。
評価版なので、フォルダはデフォルト値のままとしておきます。
※IBM Dominoと同様に、インストールフォルダのデフォルトパスから「Lotus」フォルダが消えていますね。
インストールパスの選択画面

Notes ClientやDomino Designerの機能を選択する「カスタムセットアップ」の画面になるので、必要なものを選択します。
デフォルトでは、「IBM Notes Client」しか選択されていませんが、筆者はDomino Designer、Domino Administrator等も選択します。
※IBM Notes Clientの中に「Notes Browser Plug-in」がありますが、デフォルトでは選択されていません。
※9.0 Social Edtionの目玉機能?が「OpenSocial」でしょう。これはぜひ選択しておきましょう。
機能の選択ができたら、[次へ(N) >]をクリックします。
インストールする機能(1)
インストールする機能(2)

Notes Clientの位置づけを設定する画面になるので、必要な項目にチェックをつけて[インストール(I)]をクリックします。
※筆者はテスト環境にインストールしているので、全部にチェックをつけています。特に「オペレーティングシステムの起動時にLotus Notes の一部を起動する(Lotus Notesの起動が早くなります)」にはチェックをつけておきましょう。
※ん?「Lotus Notes」という単語がありますね。ベータ版なので、ちょっとしたミスでしょう。製品版では、IBM Notesとなっていることでしょう。
Notes Clientの位置づけの設定

プログラムのインストールが行われます。およそ15分ほどでインストールは終わります。
インストールが終わると、「インストールウィザードが終了しました」という画面が表示されるので、[完了(F)]をクリックします。
インストール完了画面

デスクトップやスタートメニューにIBM Notesのアイコンが作成されました。今回は新規インストールなので、ブルーのアイコンになっています。記事を書いている今は冬ということもあって、寒そうに見えるのですが、気のせいでしょうか・・・
ショートカットアイコン

では、実際にIBM Notes 9.0 を起動してみましょう。なお、前回インストールしたIBM Domino Server 9.0はあらかじめ起動しておきます。

デスクトップにある「IBM Notes」のアイコンをダブルクリックします。
一瞬、Notesのタイトル画面が表示されます。
Notes Clientの起動画面

その後、すぐにセットアップ画面が表示されるので、[Next >]をクリックします。
セットアップウィザード初期画面

ユーザ情報を入力する画面になるので、ユーザー名とサーバー名を入力して、[Next >]をクリックします。
※筆者の環境では、サーバは既存の8.5.3をアップグレードした形になっているので、ユーザーは作成された状態になっています。
ユーザー名、サーバー名の入力

ユーザー名のIDファイルのパスを指定して、[Next >]をクリックします。
IDファイルのパスを選択

パスワードの入力画面になるので、パスワードを入力して、[Log In]をクリックします。
パスワード入力画面

その他の機能の利用可否の選択画面になりますが、今回は使用しないので、そのまま[Next >]をクリックすると、セットアップが行われます。
その他の機能の選択

少しすると、IBM Notes Social Editionが起動します。
IBM Notes Client画面

ぱっと見、まるで違う画面なので戸惑いますが、スタート画面と考えれば、たいしたことはありません。
よく見ると、画面の左上に「Open▼」という箇所が見えます。ここをクリックすると、下図が表示されます。
OpenMenu画面

このメニュー、8.5.3とあまり内容は変わっていません。ということは・・・
ワークスペースを表示するためのOpenMenu画面

はい。開きました。ワークスペース画面です。
IBM Notes 9.0のワークスペース

ここまでくれば、従来のNotes Clientと同じように使えますね。

ということで、IBM Notes 9.0になっても、従来と同じような使い方はできそうですね。下位互換もありそうで、一安心です。


新機能や使い方については、別の機会にご紹介します。
今日はこの辺で・・・






【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします!
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2012年12月16日日曜日

IBM Domino Server 9.0 ベータ版をインストールしてみました

こんにちは。気が付くと、更新をさぼる筆者です。

もうすでに、1週間以上前の話になりますが、テクてくロータス技術者夜会 イケヤマくん一周年記念大会?にも参加してきました。筆者は当日は病み上がりでしたので、おかしな状態でプレゼンしてしまいました。
参加者の皆様、すみませんでした。本当は、筆者のブログにコメントをいただいた方は「ありがとうございます!今後もお願いしますね!」として、コメントをくれなかった皆様(今、読んでいるあなたです!)に、どんな記事が役に立ったのかを問いただすということをしたかったんですね。

本当に、皆様にコメントをもらえるのが一番嬉しいんですよ。匿名で構いませんのでコメントをくださいね。
ちなみに、ブログの内容に関係ない質問はお断りしてます。筆者の基本的な考えは、「まずは、自分で調べてみよう!」です。分からなければ、「なぜ、分からないのか?何が分からないのか?」を考えることです。
それを積み重ねていけば、いつか回答は出ます。その回答を導き出すためのお手伝いは少しくらいならしますよ。


さて、そろそろ本題に入りましょう。と、その前に恒例のクリッククリック!です。
にほんブログ村 IT技術ブログへ


今回のお話は、先日ベータ版がダウンロード開始になったIBM Notes/Domino 9.0 Social Editionについてです。
新し物好きな方は、もうとっくにインストールしていると思いますが、慎重な方やインストールする環境がないという方もいらっしゃることでしょう。
ということで、こんな感じになったんだよ。ということをちょっとだけでも紹介します。

Notes 9.0をインストールしている方は多いようなので、先にDomino 9.0をインストールしてみましょう(筆者は天邪鬼ですw)。

【前提条件】
  1. OSは、「Windows Server 2008 R2 Enterprise SP1 64bit版」にインストール
  2. すでにLotus Domino 8.5.3がインストールされている
  3. インストールするのは、IBM Domino 9.0 Social Edition Beta版

Notes/Domino 9.0 Social Editionのベータプログラムに登録している場合、 IBM Notes and Domino 9.0 Social Edition Public Beta - Now Available! から、ダウンロードできます。
これを使って、筆者の開発環境にインストールしてみることにしました。
下図はダウンロードしたファイルです。domino90se_w64_public_beta_prod.exeがIBM Domino 9.0のベータ版です。 これを実行します。
IBM Domino 9.0 SEのインストールファイル


セキュリティの警告が表示されることがあるので、[実行]をクリックします。
実行ファイルのセキュリティ警告

exeの内容を展開するフォルダを聞いてくるので、[Next >]をクリックします。
※フォルダの場所を変えたい場合は、[Change...]ボタンをクリックして、変更してください。
一時ファイルの展開場所の選択

下図がIBM Dominoのインストーラの初期画面です。Lotus の文字が消えているのが少しさびしいですね。
[次へ(N) >]をクリックします。
インストーラ初期画面

ライセンス情報の画面が表示されるので、ライセンスを確認して、「使用条件の条項に同意します」を選択して、[次へ(N) >]をクリックします。
ライセンス情報画面

IBM Domino 9.0をインストールするディレクトリを設定します。筆者のPCには「C:\Lotus\Domino」にLotus Domino 8.5.3がインストールされているのですが、インストールするディレクトリの変更ができそうです。でも、トラブルが発生すると嫌なので今回は、このまま上書きします。[次へ(N) >]をクリックします。
インストールディレクトリの選択


Dataディレクトリの選択です。ここでも、このまま上書きとします。[次へ(N) >]をクリックします。
Dataディレクトリの選択

次に、Dominoのインストールタイプを選択します。本来は購入したライセンスによって、選択できるものが決まってきますが、今回はベータ版なので、[Customize Domino Server]を選択して、[次へ(N) >]をクリックします。
インストールするドミノのタイプを選択

インストールするDominoの機能を選択します。基本的に以前のバージョンと変わっていませんね。Lotusの文字はやはり見当たりません。
とりあえず、全部選択して、[次へ(N) >]をクリックします。
ドミノの機能を選択(1)
ドミノの機能を選択(2)

インストールする内容の確認ダイアログが表示されるので、問題がなければ、[次へ(N) >]をクリックします。
インストール内容の確認

これでインストールが開始されます。
インストール中の画面

しばらくすると、インストールが完了して、下図の画面が表示されます。[終了(F)]をクリックします。
インストール完了画面

デスクトップを見ると、ショートカットアイコンが2つ生成されています。
名前は「IBM Domino Server」と「IBM Domino Console」です。ただ、アイコンの色がLotus Dominoのときのままです。
もしかしたら、Lotus Domino 8.5.3から上書きしたからかもしれません。なんにしろ、Lotusイエローが少し残ったのは嬉しいです(笑)。
ショートカットアイコン

早速、「IBM Domino Server」アイコンをダブルクリックして実行してみました。
起動方法が聞かれるダイアログが表示されたのですが、Windows Serviceとして実行したらエラーになったので(筆者のPC環境の問題と思われます)、仕方なしに、Windows Applicationとして実行する[Start Domino as a regular application]を選択して、[OK]をクリックします。
※ここに表示されているアイコンは、IBMブルーなアイコンでした。これが本来のアイコン表示でしょう。
Dominoの起動方法を選択するダイアログ

いつものDomino Serverの画面が表示されます。そして、バージョンアップが行われたので、ドミノディレクトリをアップグレードするかどうかが聞かれています。
ここは当然、[Y]をクリックします。
※このウィンドウの左上を見ると、やはりIBMブルーなDominoアイコンが表示されています。
ドミノディレクトリのアップグレードの確認

ドミノディレクトリのアップグレードと同時に各種タスクが起動されます。
IBM Domino Server起動時の画面

ちなみに、下図がインストール完了時の筆者のLotus Dominoの情報です。
Server名がIBM Domino (r) Server、BuildがV90_~となっているので、確かに9.0がインストールされたようです。
筆者のIBM Domino Serverの情報

ここから先は、IBM Notes 9.0クライアントでのカスタマイズということになります。
ということで、IBM Domino 9.0 Serverのインストールは完了です。


そのうち、筆者の開発環境にIBM Notes 9.0をインストールします。方法はその時にまとめて、別途記事の更新を行います。お楽しみに・・・(年内にかけるかな?)





あ、そうそう。
先日、IBM殿が認定している社外エバンジェリストである「IBM Champions for Collaboration Solutions」の2013年度のメンバーが発表されました。
2013 IBM Champions for Collaboration Solutions
筆者も何とか、2年連続で選出していただけました。
ご尽力いただいた、日本IBMの木村氏、多くのNotes/Domino技術者との出会いの場を提供していただいているテクてくロータス技術者夜会の事務局や講師の皆様、XPages Dayという素晴らしいイベントを開き、そこで講師をするチャンスをくださった、TeamStudio Japanの皆様、日本発のプロジェクトに参加できるというチャンスをいただけたXPages Extension Library Japan Projectメンバーの皆様、そして、当ブログを読んでくださっている皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

選考されたからには、それなりの活動をしていかなければいけません。
2013年度は、もっとソーシャルにグローバルに活動していくよう、努力しますので、これからも応援をよろしくお願いします。



お仕事の依頼も受け付けていますのでよろしくです!


【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします!
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ