当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年3月28日金曜日

Notesのアップデート試験3

usサイトに書いてある英文を必死になって読んでみた。

試験問題が60問で、試験時間が105分。
ひえぇぇ。多いなぁ。まぁ、いつも30分程度で試験は終わらせてるから気にしない気にしない。
合格得点が75%。
まぁ、普通だね。できれば70%にしてほしいな。

試験範囲は・・・
・コンポジットアプリケーションについて
・設計と開発の機能強化
・プログラミングの機能強化
・DominoとDB2の統合
・Domino アプリケーションにおける Web サービス
うーん、Db2の統合って・・・できるようになったと言っても、何人のユーザが使うのか・・・
覚える必要ないんだけどなぁ。
コンポジットアプリケーションも必須だけど、作る必要性がないからなぁ。

この部分だけ問題数が少ないことを祈るしかないかな。


・・・タイトルを他の記事にあわせて変更(2008/04/04)

2008年3月27日木曜日

Notesのアップデート試験2

バウチャーチケットをゲット!したので、試験要綱を確認してみた。

・・・え゛!?なんで、usのサイトに飛ぶ?
日本語の説明は?おいおい、ねーよ。
英語を読んで、理解しろってか?
まぁ、7の試験だって、例題はないくらいだからなぁ(例題がある試験もあるけどね)。

まだ8なんてほとんど触ってないし、地道に勉強して日本語の情報が増えるのを待つかな。
StandardとBasicの違いが出たらアウトだな。
でも、コンポジットアプリケーションの開発手法の問題がほとんどだろうな。

2008年3月26日水曜日

Notesのアップデート試験

Notes/Domino 7の資格を取得したので、8へのアップデートをしないといけない。

8へのアップデート試験は、なんと1万8千円に値上がりしているではないか!
高いなぁ。
でも、IBMさんが、
「IBM Lotus Notes/Domino 8 アップデート認定試験 受験料無料キャンペーン実施中!」
というキャンペーンをやっている(ちなみに、先着50名様)。
これはおいしい!
ということで申し込んだところ、届きました!バウチャーチケット。
有効期限は2008/12/31と、今年一杯。ずいぶん長いなぁ。

さて、がんばって勉強するかな。

2008年3月25日火曜日

上級だぁ

やっと、IBM 認定アドバンスト・アプリケーション・デベロッパー(Lotus Notes/Domino 7)になりました。
思えば、R3、4、5と資格を取得していたのに、気まぐれで(というか高いから・・・)6、6.5の資格を取得しなかったばっかりに・・・
7では一から受験しなおしですよ。
それでも、
IBM Lotus Domino 7 アプリケーション開発: ファウンデーション・スキルは、良い。簡単だから。
IBM Lotus Domino 7 アプリケーション開発: アドバンスト・スキルも、まぁ許そう。
なんだよ、
IBM Lotus Domino 7 アプリケーション開発: ダイナミック Web アプリケーションの開発って!?
こんなのWebアプリに縁がない私にはチンプンカンプンだぞ!?
IBM Lotus Notes/Domino 7 アプリケーション開発: LotusScript プログラミングの方が簡単じゃねーか!?

まぁ、全部受かったので、上級技術者の仲間入りだよ。何年ぶりだ?んー・・・9年ぶりくらいか?
すげーな。いろんな意味で。

私のように苦しんでいる技術者が他にもいるはずだよ。
IBMさん、Javaの技術者を募集するよりも、昔の技術者が復活しやすいような環境にしておくれよ。